千葉県の葬儀について

日本では、以前と比べると葬儀が簡略化されてきたという人が大勢いますが、千葉の葬儀も例外ではなく、近所の人で葬儀を手伝う葬式組や班といった団体が徐々に無くなっています。

しかし、千葉の市内や郊外、また農村部でも違いがあり、地域によって葬儀の仕方やしきたりが違うようです。

★葬儀社の人と話し合いながら決めましょう→千葉県での葬儀なら【博全社】千葉県に密着した葬儀社

<どこで火葬をするか>

一部の調査によると、千葉ではたくさんの人が火葬の時には公共の火葬場を使用しており、民間の火葬場を使う人はほぼわずかで、全体の3パーセントに満たない数です。

一方東京では亡くなる人が毎日大勢いるため、公共の火葬場は予約がいっぱいで、火葬する遺体が山積みになっています。

それで、都心においては民間の火葬場で火葬を行う人がたくさんいます。

<人気のプランは家族葬>

千葉の葬儀は、全国的な流行に伴って家族葬で行われ、故人の家族に加えて親しい親族だけで、比較的小規模で葬儀が行われます。

家族葬が主流である点は全国と変わりませんが、参列する人の数には違いがあり、全国の家族葬の平均は30人程度ですが、千葉では50人から100人の間で、参列する人が大勢いることがわかりました。

<その他の特徴>

千葉の葬儀は他の土地と違って参列する人が多く、千葉県外に住んでいる親戚なども招かれる傾向があり、遺族は葬儀の時に遠方の参列者でも集まれる場所で行おうと考えるようです。

それで、皆の交通が便利な駅の近くの民間の斎場などで、告別式が行われたりします。