初心者必見!金融サポートを受ける方法

初心者が金融サポートを相談する時に頼るべきところ

決算書不要のビジネスローンとは?

多くのビジネスローンは決算書の提出が要求されますが、幾つかの銀行が提供しているビジネスローンでは特定の条件つきで決算書がなくても受けられる金融サポートがあります。 それぞれの銀行によって金利や審査機関、上限金額が異なるのでしっかりと把握し、自分に適したものを選びましょう。

銀行系のローンが組めない場合

初心者向けの決算書や事業実績が必要でない金融サポートでも銀行系のローンの審査や条件をクリアできない場合も当然存在します。 できればそのような事態は回避したいですが、他の金融サポートに頼るという手もあるので自らの実状を鑑みてどの手段を選ぶか勘案できるようにしておきましょう。

プライベートローンとは?

何らかの金融サポートを受けたいとは考えているものの、どこで金融サポートを受ければいいのか、どうすれば金融サポートを受けられるのか、そもそもどんな資金調達の方法があるのかすら判らないなど、まずどこからどう手を付けていいのかさえ判断しかねている方も多いと思います。
また、根本的な問題として大きな金融サポートを受けられるのは企業や事業者だけで、特に事業での実績のない個人や素人が受けることのできる金融サポートは消費者金融や街金業者くらいしかないとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
事実、金融サポートは事業実績やそれらを客観的に数値化した決算書が必要となる場合がほとんどで、多くの金融サポートを受けるためには必須とも言えるほどデータや書類の提出を要求されます。
しかし、今まで金融サポートを受けたことがない、受けられる条件を整えられないといった理由から金融サポートを諦めていた方にとっては事業実績や決算書は用意したくても用意できないのが実状ではないでしょうか。
とはいえ、少ないながらも決算書を提出せずとも受けられる金融サポートというものも存在し、金融サポート初心者の方には特におススメの方法があります。
種類としてはいくつかありますが、大別すると二つになります。
一つは個人向けのプライベートローン、もう一つは法人向けや個人事業主向けのビジネスローンです。
それぞれに特徴はありますが、基本的には決算書を必要としない代わりに、受けられる金融サポートの額が低かったり、利息や他の縛りが厳しかったり通常の金融サポートとの差異も少なからず存在するのでしっかりとその違いを把握しておく必要があります。

金融サポートを受けるには?

金融サポートを受ける場合、初心者の方がまずつまずきやすいのは決算書や事業実績がないことだと思います。 そんな時に有効な手段の一つとして挙げられるのが各地方銀行が提供しているプライベートローンです。 プライベートローンはあくまで個人向けなので、事業実績や決算書がなくても金融サポートを受けることができます。