葬儀の新しいスタイル

千葉で葬儀を行う時には、いろいろなプランがあり、大きく分けると火葬と一日葬、家族葬と一般葬に分けることができるでしょう。

▼記事ピックアップ⇒URL:http://getnews.jp/archives/1448063

千葉では火葬式や一日葬が流行していて、以前のように長い時間の葬儀を行ったりせずに、できるだけ簡素化する傾向があるようです。

<火葬式について>

火葬式では、葬儀につきものの通夜と告別式をしないで、遺体を火葬して終わるようです。

都市部の人たちは、時間と費用が掛かるので、通夜や告別式はしたくないとか、経済的な理由から掛かる費用をできるだけ抑えたいという気持ちがあって火葬式で行うそうです。

それで、仏式とは違って儀式はやらなくても、お坊さんに来てほしいという時には、遺体を火葬するときに読経をしてもらうことになるので、前もって話し合うことが必要です。

調査によると、千葉においては火葬式の葬儀を行う人はほとんどいないようです。

<一日葬について>

千葉の一日葬では、一日のうちに通夜はせずに告別式を行い、遺体を火葬までを行うので、火葬式だけでは物足りないけれど、葬儀に何日も取られるのは、スケジュール的にも体力的にも大変だと感じる人にとってはピッタリのプランでしょう。

しかし、葬儀に掛かる時間が減ったからといっても、葬儀の費用が減るわけではないので、僧侶を呼んだときの謝礼は同じくらい包まなければなりません。

<新しい葬儀のスタイルを受け入れるには>

火葬式や一日葬は都市部を中心に流行している葬儀の新しいスタイルなので、千葉で行うときには、葬儀の流れや行う内容を前もって熟知しておく必要があります。