家族葬のメリットとデメリット

千葉で流行しているのは家族葬という葬儀の方法ですが、家族葬では故人の家族とごく親しい親族や友人だけが集まって、小規模で行われるので、精神面の負担は大きくありません。

<家族葬のメリット>

千葉で家族葬を行うときには、参列する人の規模が小さいため、葬儀の時間をたっぷりと取れるので、焦らずに故人との別れをしっかりと行うことができます。

また、呼んでいるのが家族と親しい親族と友人なので、参列する人数が前もって把握できるため、千葉の小さな会場を予約できたり、お返しを準備する事も簡単に済みます。

そのため、千葉の一般葬の規模と比較すると葬儀の費用を安く抑えることができるでしょう。

<家族葬のデメリット>

千葉で家族葬を行うときには、デメリットについても考えておく必要があり、葬儀の規模が小さいので掛かる費用を節約できるのは嬉しいですが、香典を断ると収入が無くなるので、葬儀にかかるお金は全て自分たちで払うことになります。

また、千葉の家族葬では親族や友人の中でも、葬儀に呼ばれる人と呼ばれない人がいるため、親族の気持ちが収まらないこともあるようです。

<葬儀の後に起こりうること>

また、もう一つ考える事して、千葉で家族葬を行った時に来れなかった県外の人たちは、後日自宅へとやって来てお線香を上げるので、親族が毎日代わる代わる家に来ると大変な騒ぎになります。

そのため、訪問客に応対したり生活や葬儀の後始末にかける時間と体力については前もって考えておく必要があります。