千葉の一般葬について

千葉で行われる葬儀では家族葬が圧倒的に人気がありますが、オーソドックスな一般葬も根強い人気があります。

一般葬では、通夜と告別式をどちらも行う葬儀で、会社の友人や近所の人、一般の関係者にも通知をするのが特徴です。

<一般葬のメリット>

千葉の一般葬は、ごく基本的な葬式のプランなので、参列者が50名以上になる大きな葬儀のときに利用されています。

葬儀の規模が比較敵大きいため、参列した人から香典をもらったりして、葬式にかかる費用を軽減でき、千葉では香典は一人当たり平均7千円と言われています。

また、全て葬儀の時に訪れるため、参列した人たちに一回で挨拶できるので、葬儀が終わって何日か経ってから自宅に訪問者がやってくる事もないでしょう。

そして、葬儀の時に故人がたくさんの人から別れを言われるので、遺族は心が和むそうです。

<一般葬のデメリット>

千葉で一般葬を行うときには参列する人がたくさんいるため、全ての人への気遣いや礼儀を守ることがストレスになり、精神的に負担がかかることがあるようです。

また千葉の葬儀は規模が大きいため、参列する人の数がわかりにくく、食事を準備しても余る傾向があるようです。

さらに、葬儀の規模も大きくなるので祭壇や花を豪華にしなければならず、余分な費用もかかるそうです。

<一般葬を行う前に考える事>

千葉では参列する人が多いので余分な費用がかかりますが、香典の収入も増えるので、費用と収入をよく計算して前もって計画立てる必要があります。