初心者必見!金融サポートを受ける方法

初心者が金融サポートを相談する時に頼るべきところ

>

金融サポートを受けるには?

決算書不要?プライベートローンについて

実は各地方銀行には決算書がなくても金融サポートが受けられるプライベートローンというものがあります。
このプライベートローンは、個人信用情報(CIC情報)を照会すると言う条件はありますが、個人でも数百万円ほどの資金サポートが受けられます。
会社ではなく個人向けのローンなので、決算書がなくても金融サポートを受けられるのが特徴なのですが、代わりにサポートとして受けられる金額はだいたい100万から400万ほどで、多くても600万くらいというやや控えめな額になっています。
また、金融サポートを受けるためには、決算書に代わって収入証明書類が必要です。
収入証明書類は、源泉徴収票、課税証明書、給料支払明細書、確定申告書、特別徴収税額通知書などがあり、基本的に収入に関する書類となっています。
金利は各地方銀行によって変わってきますが、おおよそ0.9%~2.99%くらいで、返済期間は10年以内が標準的な相場です。

プライベートローンが受けられない場合

決算書は不要なプライベートローンですが、個人信用情報(CIC情報)を照会しますのでそこに問題があれば当然ローンは組めません。
個人信用情報に問題があるケースは下記の通りになります。
・返済状況に異動の属性がついている
異動は、CICに加盟している会社への返済を長期延滞や保証履行、破産による不履行などが行われた際に信用情報に付与される属性です。
異動を解消するためには返済が完了してから5年以上の経過が必要であり、その間プライベートローンを組むのは非常に難しくなります。
・法的整理(債務整理)や支払条件変更が付与されている
法的整理である倒産ないしは破産状態の時と、支払い期限の緩和などによる支払条件変更状態の時もやはりローンを組むのは困難になります。
・支払い状況にA (遅延)の属性がある
支払い状況につくAは遅延を意味します。つまり支払いが遅れている状態なので、こちらも審査での減点は免れないでしょう。


この記事をシェアする