初心者必見!金融サポートを受ける方法

初心者が金融サポートを相談する時に頼るべきところ

>

銀行系のローンが組めない場合

金融サポートが受けられないパターン

・資産や収入に問題がある
決算書が要らないビジネスローンでは個人の信用情報や収入状況で判断されるウェイトが大きくなります。
特に担保となる資産や収入が大きければそれだけ契約が成立しやすくなりますが、逆に負債やマイナスの信用情報があれば審査の通過は厳しくなるでしょう。
・提出書類に問題がある
どんな形で金融サポートを受けるにしろ大量の書類が要求されるのは共通です。決算書が不要な場合、他の書類の審査が厳しくなりがちですので当然不備や虚偽があると弾かれる可能性も高くなります。
・その他の条件を満たしていない
決算書が不要な金融サポートには特殊な要件が必要な場合が多い傾向にあります。
例えばアルトアオンライン融資サービスでは、個人事業主であり弥生会計利用している青色申告事業者であることと、弥生会計1期分以上のデータの提出が金融サポートの条件となっています。

別の金融サポートを受ける

前述したような理由から金融サポートが受けられない場合にもいくつか方法があります。
一つはノンバンク系のビジネスローンを頼ることです。
ノンバンク系のビジネスローンはアイフルや武富士などの消費者金融が提供する金融サポートで、銀行系のローンと比べて利息は高くなりますが、最短即日の審査で限度額1000万のサポートを受けることができます。
もう一つは不動産担保ローンです。
不動産担保ローンは、その名の通り不動産を担保とすることでローンを組む形式です。
基本的に不動産は一定の信用がありますので担保なしでローンを組むよりも審査に通る確率をぐっと引き上げることができます。
また、不動産の評価は各機関によって変わるので一つがダメでも別の機関ではローンを組める可能性があります。
また、近年ではクラウドファンディングを使って金融サポートを募る方法もあるので一度試してみるのも良いでしょう。


この記事をシェアする